行動を止めようとすると怒ってしまうのが辛かった。

ウチは祖母が認知症になってしまいました。食事やトイレなどはまぁまぁ平気だったのですが、精神的なモノが少々おかしくなってしまって
いましたね。時に意味の分からない行動を取ろうとするのを止めると、激しく怒り出したりする事が多くありました。

 

いい加減、祖母が認知症だとは家族の人間は気付いていませんでした。今思えばそれに類する物もあったように思えますが、昔の人でも
あるのであまり気にならなかったんですよね。ちょっとコレはおかしいと思ったのは、お風呂に一日何回も入ろうとした時です。

 

昼間にお風呂に入ろうとしていて、珍しいナぁとは思いました。ウチは農家もやっているので、外仕事した後に昼間でも入る事はあります。
ですが祖母はあまりお風呂は入らない方で頭に残りました。それから何時間かしてお風呂の前を通ろうとすると、祖母がまたお風呂に入ろうと
していたんですよね。流石に気になって、さっき入らなかったの?とか聞いたと思うんですが、また入ると言いました。

 

あんまり入り過ぎると体に悪いよ、なんて茶化したのに近い感じで言うと、入らないと汚いでしょ、と返されました。少し怒ったような感じで、
ビクッとしてしまったんですよね。その時はお風呂のドアが開けっ放しになっていて、その状態で服を脱いでいたのでそれも気になりました。

 

父親母親が帰って来た時に、なんかお婆ちゃん変じゃ無い?とか話すと、少しですが他の家族も思っていたようでした。何だかんだ話して、
もしかしてうつ病とかそういうのなのだろうか?と言う結論になりました。あまり構われるのが嫌いな祖母でしたから、気にしつつもいつも通り
生活していました。

 

ですが、行動もそうですが精神的な部分でちょっと変な事が多くなってきたんですよね。それまではかなり穏やかな性格で、まさにお婆ちゃんと言う
感じだったのですが、いきなり父親に激昂したりとか、机をドンドン叩くとか、そういう事をするようになりました。流石に何か怖くなってしまって、
病院に連れて行くと認知症でしょうね、と言われました。

 

祖母の症状は記憶が曖昧になったり、感情の上がり下がりが激しくなったりするものでした。隣にお野菜を持って行って、お礼に来た人にそんな事
してないと言い張ったりとか、声を掛けたら怒り出すとか泣き出すとかがありました。ずっと付きっきりでいなければならない、と言うモノでは
ありませんでしたが、話したり関わったりするのが怖くなってしまって、それが一番辛いですね。かなり勝手な意見で、昔のようになって、とか
思ってしまうのですが、それもやはり難しいです。

 

平気な時もあるので、少し様子を伺いながら接するようにしています。認知症と言う病気だとは分かっていますが、いきなりガッーっと言われたり
すると萎縮してしまいます。今は薬を飲んだり、昔のことを話したりして予防のようなモノに当てています。悪化してしまうと今より大変なんで
しょうから。